グルコサミンとコンドロイチンの違い

グルコサミンとコンドロイチンに違いはあるの?

グルコサミンとコンドロイチンは、それぞれ軟骨成分として関節のスムーズな動きをサポートする成分として知られています。

2つを同時摂取すると相乗効果を発揮し、単体よりも効果が増すため、近年ではグルコサミンとコンドロイチンを同時配合しているサプリメントが人気を集めています。

では、グルコサミンとコンドロイチンの違いはどこにあるのでしょうか? ここでは、グルコサミンとコンドロイチンの違いについて説明します。

グルコサミンとコンドロイチンの違い

グルコサミンは、糖とアミノ酸が結合した天然アミノ糖のひとつです。すり減った軟骨を再生する働きがあり、関節痛の痛みを和らげることから、主に変形性関節症などの治療に用いられます。

グルコサミンは主にエビやカニなどの甲殻類の殻にあるキチンに含まれています。

一方のコンドロイチンは、ムコ多糖類という糖類の一種です。グルコサミン同様、関節痛を和らげる働きがありますが、 こちらは軟骨を再生させるのではなく、軟骨の分解を促す酵素の働きを阻害する作用があります。

つまり、両者の違いは軟骨に対する働きかけであり、2つの成分を同時に摂取すると、軟骨を保護しつつ、再生を促すという最良の結果を得ることができます。

発酵グルコサミン【協和発酵】

植物由来の原料から抽出したグルコサミンを配合したコンドロイチンサプリ
www.kyowaremake.jp/

小林製薬の'グルコサミン'公式

グルコサミンにコラーゲンを配合!パワーアップしたグルコラが送料無料
www2.kobayashi.co.jp