グルコサミンの効果と効能

グルコサミン不足は関節痛の原因

グルコサミンは、ブドウ糖とアミノ酸が結合した天然アミノ糖の一種です。

主にカニやエビなどの甲殻類の殻を形成するキチン質に含まれており、 体内では軟骨やじん帯、腱、爪、皮膚などを構成する重要な成分として知られています。

グルコサミンはもともと体内に存在する成分であり、若いうちは体内で合成される分だけで事足りますが、加齢に伴って生産量が減少すると、関節痛や腰痛、神経痛などの原因となります。

グルコサミンの効果と効能

グルコサミンは、細胞同士を結びつける結合組織として存在しており、関節においてはクッション材となる軟骨の再生を促す働きがあります。

そのため、軟骨のすり減りにともなう膝や腰の痛みを感じ始めたら、グルコサミンを摂取することで痛みを緩和することができます。

特に変形性関節症をはじめとする関節炎の症状に有効で、中高年の方の節々の痛みの治療に用いられています。

発酵グルコサミン【協和発酵】

植物由来の原料から抽出したグルコサミンを配合したコンドロイチンサプリ
www.kyowaremake.jp/

小林製薬の'グルコサミン'公式

グルコサミンにコラーゲンを配合!パワーアップしたグルコラが送料無料
www2.kobayashi.co.jp