コンドロイチンとは

コンドロイチンとは

コンドロイチンとは、動物の体内にあるグリコサミノグリカンと呼ばれるムコ多糖類の一種です。

正式には『コンドロイチン硫酸』と呼ばれ、軟骨や結合組織、粘液などに含まれており、関節やじん帯、腱の弾力性や円滑性を維持する作用があり、骨と骨の摩擦を防ぐクッションの役割を果たしています。

そのため、コンドロイチンが不足すると、関節痛や腰痛などの節々の痛みに悩まされるようになります。

医療・美容目的に使用されるコンドロイチン

コンドロイチンは関節痛や腰痛などの軽減を目的に、主に医療分野で活躍する成分ですが、近年では美容目的のサプリメントにも活用されています。

コンドロイチンには体内組織に保水性や弾力性を与える作用があるため、肌のハリやツヤ、弾力を保つための美容成分として親しまれています。

よって、コンドロイチン配合のサプリメントは、関節痛で悩む方にはもちろん、特に女性にとっては美肌効果のある成分として、一石二鳥の効果を発揮します。

発酵グルコサミン【協和発酵】

植物由来の原料から抽出したグルコサミンを配合したコンドロイチンサプリ
www.kyowaremake.jp/

小林製薬の'グルコサミン'公式

グルコサミンにコラーゲンを配合!パワーアップしたグルコラが送料無料
www2.kobayashi.co.jp