コンドロイチンの副作用

コンドロイチンに副作用はある?

コンドロイチンは、フカヒレやスッポン、すじ肉などの動物性食品や、山芋、オクラ、なめこなどの植物性食品に多く含まれています。

いずれも食品由来であることから、体にやさしく、健康食品として服用できる成分として扱われています。

また、コンドロイチン自体、もともと体内に存在する成分なので、副作用の心配はないと言えるでしょう。

実際、コンドロイチンのサプリメントを服用して、副作用が起こったという事例は今のところ報告されていません。

妊娠中や術後は服用を控えましょう

副作用の心配はほとんどないコンドロイチンですが、服用を控えた方がよいケースもあります。

たとえば、妊娠中や授乳中の女性、子供の服用は控えた方が良いとされています。体への悪影響があると確認されたわけではありませんが、逆に安全だと立証されてもいないので、万一を考えて服用しない方が良いでしょう。

また、コンドロイチンには抗血液凝固作用と言って、血液を固まりにくくする働きがあります。そのため、手術後や出血をともなうケガをしたばかりの方は、服用しないよう注意しましょう。

発酵グルコサミン【協和発酵】

植物由来の原料から抽出したグルコサミンを配合したコンドロイチンサプリ
www.kyowaremake.jp/

小林製薬の'グルコサミン'公式

グルコサミンにコラーゲンを配合!パワーアップしたグルコラが送料無料
www2.kobayashi.co.jp