コンドロイチンは加齢とともに減少

コンドロイチンは加齢とともに減少する

コンドロイチンはもともと体内で合成可能な成分であり、若い内は特に意識しなくても体内生産量だけで足りてしまいます。

しかし、コンドロイチンの体内生産量は20代あたりから下降気味となり、50代になる頃にはほとんど生産されなくなってしまいます。

そのため、50代を過ぎると膝痛や腰痛などのつらい痛みを感じるようになるのです。

コンドロイチンは関節のクッション材としてだけでなく、肌の保水や弾力にも関与しているので、コンドロイチン不足は肌のシワやたるみなどのエイジングサインの原因にもなっています。

コンドロイチンを意識的に摂取するよう心がけよう

加齢にともなうコンドロイチン不足は、外部からの摂取で補う必要があります。

膝や腰の痛みを感じ始めたら、コンドロイチンがかなり不足している証拠です。できれば、痛みを感じ始める前に、意識的にコンドロイチンを摂取するよう心がけましょう。

コンドロイチン不足は、膝や腰の痛みより先に、肌の乾燥やシワ、たるみとして現れてきます。肌が乾燥しがちになったと思ったら、サプリメントや食品などを上手に取り入れ、コンドロイチン不足を解消するよう努めましょう。

発酵グルコサミン【協和発酵】

植物由来の原料から抽出したグルコサミンを配合したコンドロイチンサプリ
www.kyowaremake.jp/

小林製薬の'グルコサミン'公式

グルコサミンにコラーゲンを配合!パワーアップしたグルコラが送料無料
www2.kobayashi.co.jp